移設について

「会社を移転することになった!

オフィスの移転に伴い、前のオフィスで使用していたビジネスフォンを新しいオフィスでも使いたいケースがあります。
しかしながら、古いタイプのビジネスフォンによっては、前のオフィスで使用していたものを新しいオフィスで使用することが難しい場合があります。
例えば、前のオフィスで、ISDN回線を使用していて、新しいオフィスで通信費削減のために光回線を使用したい場合、ビジネスフォンによっては、光回線を収容するユニットが必要になります。現状において、全てのユニットを使用して運用している場合、新たにビジネスフォンを替える必要も出てきます。オフィス電話本舗では、そのような問題に対して、ユニットの確認や通信費の最適化を考慮し、お客様にとってベストな通信環境をご案内します。
ここでは、会社・事務所の移設に伴う、ビジネスフォン手配の流れについて解説します。

ビジネスフォンの移設の際にすべきことはコレ!

1ビジネスフォンの台数を見直す!

移設後に人数の増減を考慮して、台数を見直します。
台数によっては、主装置の容量がオーバーしている場合があるので、注意が必要です。

2電話回線状況を見直す!

移設後の回線数を増やすのか、減らすのか、契約内容を割安のプランに変えるのかを検討します。

3電話会社(NTT、KDDI、ソフトバンク)に移転先の回線手配をする!

上記の決めた内容に基づいて、電話会社に回線の手配を申し込みます。弊社で無料にて代行が可能です。

4移設先のビジネスフォンのレイアウトを決める!

電話機の台数に基づいて、レイアウトを決めます。そのレイアウトを元に回線の設置工事をします。

移設のタイミングで経費削減!

電話回線やビジネスフォンの見直しを行い、経費削減をしましょう。

移転のタイミングは、電話の契約を見直す良いタイミングでもあります。例えば、以前からあるアナログ回線やISDN回線を光ファイバーを使った割安やなIP 電話サービスに変更する企業様も多いです。 おすすめのプランはこちら

電話回線やビジネスフォンの見直しを行い、経費削減をしましょう。

電話回線の見直しでコストダウンに繋がることもあります。
詳しい情報はこちら>>

主装置の設置や配線等、専門的な知識や技術を要します。

主装置の設置や配線等、専門的な知識や技術を要します。

会社にとって電話は必要不可欠なものです。電話ができないといった障害が起きた場合、業務に支障をきたしてしまいます。また、この障害発生のタイミングで、新規のご相談等がお客様からあった場合、大きな商談の機会損失を起こしかねませんので、電話のような企業におけるコアな伝達手段の構築には、専門の工事業者に依頼することを強くおすすめします。オフィス電話本舗は、豊富な知識と経験をもった専門の工事スタッフが、信頼性のある最適な通信環境構築を責任をもって遂行します。

どのくらい前に申し込めばよい?

設置工事もしっかり行うなら操業開始まで最低で3週間は必要です。
必要手続きは約3週間必要になります。操業開始希望日も考慮してお早めにお申し込みください。
お急ぎの場合も柔軟に対応可能です!

新設の場合最短でも三週間前から準備が必要です!一ヶ月前にはご相談ください!
お客様の導入事例

WINGS様

詳しく見る

株式会社エイエムケイ様

詳しく見る

NOROOホールディングス様

詳しく見る
メールでのご相談はこちら
ページTOPへ