「INSネットディジタル通信モード」サービス終了のお知らせ

2024年1月にISDN回線「INSネットディジタル通信モード」サービスが終了となります。

2024年1月にISDN回線の「INSネットディジタル通信モード」のサービスが終了となります。
銀行端末やCAT端末、POSレジや警備などのシステムが利用できなくなるので、商品の発注が出来なくなったり、企業間でのデータのやりとりや会社のセキュリティ、生産ラインの停止などが考えられます。
ISDN回線をご利用中のお客様には、NTTからも連絡が来ていると思いますが、切替前提で行動しなければなりません。

対象サービス

ISDN回線とは

デジタル回線でやりとりを行う回線で、1本のISDNで2通話分利用が出来るので、電話を使いながらFAXやインターネットの利用が可能です。
ビジネスフォンに収容することで、1番号を同時通話する事も出来、アナログ回線を多数用意するよりも安価に出来ます。
1988年にサービス開始され、ピーク時の2001年を境にひかり電話が主流となり年々減少しています。

ひかり電話とは

フレッツ光※(インターネット接続サービス)と合わせてご利用いただける、光ファイバーを使った電話サービスです。
今お使いの電話番号や電話機・FAXをそのままお使いいただけます。
「電話番号は変えたくない」「電話機を用意したくない」方でも安心です。
さらに、電話の基本料金がこれまでのアナログ回線やISDN回線よりも安くとってもお得です。
※一部、現在ご利用中の電話番号・機器をそのままご利用いただけない場合があります。

◆回線比較

光回線 ISDN アナログ
月額基本料 安い 固定電話サービス業者による 固定電話サービス業者による
通話料 安い 光回線に比べると高い 光回線に比べると高い
市外局番の利用 できる できる できる
電話加入権
(施設設置負担金)
不要 固定電話サービス業者や
プランによる
固定電話サービス業者や
プランによる
災害などのトラブル 停電時利用不可 停電時利用可 停電時利用可

切替せずにいると…

ひかりが主流となり、ISDNでなければ出来ないものというのは殆ど無くなってます。
料金も「ひかり」がある環境であれば、月々のコストが安価になると思います。
ただ、ひかり対応の機器が必要になったりするので、状況確認して対応する事になります。
2024年の終了間際は混んで切替の対応不能になり、システムが利用出来なくなる恐れがあるので、早めに切替をされた方が無難です。

◆利用できなくなるシステムの一例

切替はどうする?

ISDNからひかり電話への切替も「オフィス電話本舗」で承っております。
ISDN終了に伴い、ISDNを通信で利用中のお客様は切替が必須ですが、通話でご利用中のお客様もひかり電話に切り替えるいいタイミングかと思います。
基本料金も安くでき、ご利用中のビジネスフォンでもご利用いただけると思います。
※別途アダプターが必要となります。

回線切替の手配から工事まで、ワンストップで対応可能となっておりますので
お電話またはメールフォームよりお気軽にお問い合わせください。

メールでのご相談はこちら
ページTOPへ

どこでもホン